夜勤専従看護師 求人

夜勤専従看護師の求人を探すときのポイント

夜勤専従看護師の求人はこちら

「夜勤専従は給料が高い」「昼の時間を有効に使える」などキャリアアップをめざしたり、子供との時間を作りたいなど昼間の時間を有効に使いたいと考えている看護師にとって魅力のある職種と言えます。

 

しかし夜間専従看護師は昼と夜が逆転するため体力的にきついなど大変な部分もあります。なので、夜勤専従看護師の求人を探す時には次の点に気をつけて求人活動をすることが大切です。

 

 

夜勤専従看護師への転職で失敗しないためには

 

@給料だけにとらわれず夜勤の状況や勤務体制などをきちんと把握する

 

A職場の人間関係が実際のところどうなのか事前に把握する

 

B夜間専従の看護師求人をたくさん比較し自分にあった職場を選ぶ

 

夜勤専従看護師として納得のいく転職をするにはこういう点に気をつけて求職活動をする必要がありますが、ハローワークや縁故、そして直接病院のホームページなどから問い合わせをすると一番大切なことが疎かになり転職に失敗することになることもあります。

 

夜勤専従看護師の求人は夜勤専従の看護師求人に強い専門のサイトに登録し本人に代わっていろんな情報を集めてくれたり交渉してくれるコンサルタントのいる転職サイトに登録することが一番大切です。

 

 

 


夜勤専従看護師とは

看護師の業務は高い専門知識と技術に加え、対人援助技術が求められるお仕事です。これらの知識や技術を活かしつつ、それぞれの診療科にて業務を行います。主に病棟勤務の場合、業務は日勤・夜勤体制で行われます。こうした勤務体制の中で夜勤のみに従事する看護師のことを夜勤専従看護師と呼びます。

 

夜勤専従看護師の雇用形態は、常勤・非常勤・パート・アルバイトなどにわかれます。いずれの働き方をするにせよ、夜勤に専従する看護師に大きな負担がかかるため、診療報酬の入院基本料算定要件にて勤務時間の上限が定められています。夜勤専従看護師として働く方は一カ月合計で144時間以上(9日以上)働くことはできません。

 

以上のことからわかるように、夜勤専従看護師とは夜勤のみ勤務する看護師です。常勤であっても夜勤専従看護師として働く場合は、欠勤者が出たなどの例外を除き、基本的に日勤を行うことができません。

 

ご存知のように、現在はどの医療機関でも看護師不足が指摘されています。特に、負担の大きな夜勤看護師不足に悩む医療機関は多いといえるでしょう。こうした医療機関では常勤・非常勤・パート・アルバイトを問わず夜勤専従看護師を求めています。ただでさえ人員が不足している看護師の中でも負担が大きい働き方なので、良い条件で募集している医療機関が一般的です。条件交渉次第では、さらに働きやすい環境で勤務することも可能です。個人で条件交渉を行うことは難しいので、良い条件で勤務をしたい方は看護師転職サイトのキャリアコンサルタントなどに相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

≫夜勤専従の求人案件が豊富な看護師転職サービスならこちら≪